ボールペンを洗濯しちゃった!?インク漏れ・シミ抜き方法を解説!!

人生

洗濯機を開けてみてびっくり!!
ボールペンをシャツやジャケットのポケットに入れたまま洗濯をしてしまった経験はございませんか?さらに、ボールペンがインク漏れを起こして染みになってしまうケースがあります。

これにはもうがっかりです。せっかくきれいに洗ったはずなのに〜。

洗濯後の衣類を見てびっくり!もう本当にがっかりです。インクを落とそうと洗ってみても、インクの染みってなかなか落ちないんですよね。
それでは一体、どうすればきれいに染みが落ちてくれるのでしょうか?今回は、洗濯後に付いてしまったボールペンインクの染み抜きについて、解説していきますよ〜!

スポンサーリンク

ボールペンインク、インク漏れ・シミ抜き方法。落とし方。

水性ボールペンのインクは、油性ボールペンなどにに比べると染み抜きがしやすい性質があります。
ですが、水性インクもわずかに染みが残ってしまう場合がありますのでそこは覚悟しておきましょう。

水性インクの染み抜きは、
①インクで染みてしまった部分を水で濡らし、上にペーパータオルを置いて、染みが浮き上がるのを待ちます。
②この作業を繰り返して、染み移りがなくなったら終わりです。

あら、とっても簡単!
最初に染みを濡らすときに、石鹸水を使ってみるというのもOKですよ!

このあと、洗濯機で再び洗えば、だいぶきれいになるでしょう。思っていたよりもとても簡単にできそうです。

ただ、この方法は洗濯後「すぐに染み抜きをする」というのがポイントです!

インクが付いたまま乾いて時間が経ってしまうと、水性インクであっても落とし切ることはできませんからね。

また、インクの付いた衣類が水洗いのできない絹やウールの場合、染み抜き自体できなくなってしまいます。そういう場合は、染み抜きが得意なクリーニング店に相談してみることをオススメしますよ!

スポンサーリンク

注意事項「洗濯表示」必ずチェック!!

洗濯物には、水洗いOKなものと、そうでないものとがあります。

自分で染み抜きをする前に、きちんと洗濯物の洗濯表示を確認する必要があります。

水洗いOKの表示があれば自分で染み抜きができます。
水洗いNGの表示の場合、残念ながら自分で染み抜きはできないので注意が必要です。

せっかくのお気に入りのお洋服をさらに痛めてしまうことが無いよう、洋服の洗濯表示を必ず確認してから取り掛かって下さいね?

洗濯後は、ほかの衣類にも染みが移っていないか、しっかり確認してみてくださいね。最悪の場合、ボールペンがポケットから飛び出して洗濯機の中で暴れていたりしたら、キャップが外れたり破損したりして、他の洗濯物にまで付着してしまっている…なんて悲しいことが起きている場合もありますから…。泣きたくなってきます。(笑)

スポンサーリンク

まとめ

水性インクの染み抜きは、
①インクで染みてしまった部分を水で濡らし、上にペーパータオルを置いて、染みが浮き上がるのを待つ。
②この作業を繰り返し、染み移りがなくなったら終わり
③インクが付いたまま乾いて時間が経ってしまうと、水性インクであっても落とし切ることが難しくなる。

ボールペンのお洗濯。(笑)いくら気をつけていても、知らない間に入れられていたら、防げるものも防げないですからね。
インクは一度衣類に付いてしまうと、なかなか落ちにくいものです。ただ、今回の「洗濯表示」をしっかり見て、
気付いたら「すぐに」染み抜きをしてあげることによって、100%元どおり!は難しいかもしれませんが、ある程度は綺麗になってくれますと思いますよ?いざというとき、皆さまの役にに立ちますように

人生
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント