コービー・ブライアントの名言【英語で今日から役立つ3つの名言】

エンタメ

皆さん、コービー・ブライアント という人を知っていますか??
NBAの選手だった人です。
彼は、様々な名言を残しています。
その中のいくつかを、今回は紹介したいと思います。

コービー・ブライアント(Kobe Bean Bryant)

彼は、1978年8月23日に生まれています。今年41歳になるんですね~。
ペンシルベニア州 フィラデルフィア出身だそうです。

コービーの父親は、NBAのフィラデルフィア・セブンティクシクサーズに所属していました。その父の影響もあってか、コービーはバスケットボール選手を目指すようになりました。
彼自身は、17歳でNBA入りして以降、20年間にわたって名門ロサンゼルス・レイカーズ一筋で活躍しました。ポジションはシューティングガード。

その華々しいキャリアとして、NBAチャンピオンに5回、シーズンMVP 1回、ファイナルMVP 2回、NBA記録となる18年連続オールスターゲームに選出され、歴代最多のオールスターMVPに4回輝き、NBA歴代2位の1試合81得点の記録を持ち、若かりし頃からベテランになる長期に渡ってリーグ最高の選手の一人として君臨し続けたスーパースターです。

スポンサーリンク

コービー・ブライアンの名言

そんな彼は、沢山の名言を残しています。
その中でも、これはきっと世界中の誰にとっても役立つだろうと思われるものをいくつかあげてみたいと思います。

「If you not belive in yourself , no one will do it for you .」

「自分自身が自分を信じないと、誰も信じてはくれない。」

素敵な言葉ですよね(^^) 自分のことを自分が信じなくて、他の誰が信じるのか。

今、もし何かに挑戦しようとしてくじけている人がいたら、まさにこの言葉を送りたいですね。

例えば、今挑戦しようとしていることが、何かの試験だったとしたら、これまでやってきた努力を知っているのは自分だけ。そして、その自分自身を信じることができなければ、他のだれが自分のことを信じてくれるのか? 大丈夫、自分はできる! そうやって前を向いて進むんだ!! 
前向きで、自信が持てるような言葉だと思います。

「If you’re afraid to fail , then you’re probably going to fail.」

「失敗することを恐れていたら、きっと失敗してしまう。」

これは、まさにその通りだと思います。
人には、物事を引き寄せる力があると私は思っています。皆さんも経験したことありませんか??

例えば、悪い例で言うと「何だか、寒気がするな~。風邪を引いたのかもしれない」と思ってそう考えてしまうと、どんどん体調が悪くなっていって本当に寝込んでしまう。

何かを発表する時「あ~、嫌だな。なんだか失敗する気がする・・・」と考えると、本当に本番に失敗してしまう。
逆に「何だか、寒気がするな~。まぁ、気のせいか」と考えると、その後調子が悪くなって寝込むようなことは起こりません。
物事を、いい方向に考える癖のある人は、実際にその方向に物事が動くのです。
言い換えると、ポジティブシンキングの人は良いことをどんどん引き寄せるのです。

「I’m reflective only in the sense that learn to move forward.
I reflect with a purpose.」

「先に進むための唯一の方法は、目的を持つこと」

これも、うなずける言葉ですね。
何かを成し遂げるためには、目的がないと出来ない。

逆に言えば、目的があるからこそ、人は頑張れるのだということ。
私の周りの「自分はこうなりたい」という思いをもっている人たちは、それに向かって一生懸命ですし、目的を果たすために努力を惜しまずに行っています。

物事をいい方向に進めるために

誰だって、何か物事を行う時それが思うようにいい方向に進んで欲しいものですよね??
この、コービー・ブライアンは、きっと人一倍の努力と、ポジティブな物事の考え方をすることで成功した人なのだろうと私は思います。

では、考え方がポジティブになるとどんないい事が起こるのでしょうか??

自分の周りが過ごしやすい環境になる。

考え方がポジティブになると、自然と周りに同じような考え方をする人が集まってきます。誰だって、「どうしよう」と頭を抱えてクヨクヨし続ける人より、「よし!同じ失敗はしない。前に進むぞ!」と前向きになる人と一緒に居たいと感じますよね?

この人、いいな~とあなたのことを感じてくれる人が回りに集まるので、自然と心地よい環境に変わっていきます。
信頼されるようになる

ポジティブな人は、例え何かトラブルが起こっても「こう考えてみたら?」とプラスの方向へ導いてくれます。そうするとおのずと周りからの評価は高まり、他人から「この人なら大丈夫」と信頼されるようになります。

ストレスがたまらない

ポジティブなものの考え方ができる人は、たとえ嫌なことが起こったとしても、気持ちをすぐに切り替えることができます。
失敗を「どうして失敗してしまったんだろう?」「相手になんて悪いことをしてしまったんだろう」と、どんどん悪いほうへ考えてしまう人よりも、「もう、同じ失敗はしない」「勉強になった」と考えられる人のほうが、気分も前向きになってストレスもたまりません。

スポンサーリンク

まとめ

・コービー・ブライアンはNBAのスーパースター。
・彼は、沢山の名言を残している。
・どの言葉にしても彼自身が自分に言い聞かせていると感じるものが多い。
・物事を前向きに捉え、乗り切る言葉が多い。

彼のすごいところは、きっと、物事を前向きにポジティブに捉える事で、自分を良い方向に導いていったところなんだろうな~と思います。
すべてを見習うことはできなくても、ちょっとだけマネをしてみるだけでも、きっと人生がほんの少し、いい方向へ向かって進みだすような気がします♪

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント