徳の意味。名前に徳がつく偉人は誰?【世界に通用する価値観】

エンタメ

「徳の高い人」「徳をする」
皆さん「徳」という字にどのような意味があるか、知っていますか?
この漢字、意外と、赤ちゃんの名づけにも使われていたりしますよね。
今回は、この「徳」について、みていこうと思います。

スポンサーリンク

「徳」のもつ意味とは?【世界に通用する価値観】

「徳」は、卓越性や有効性を表し、それを所持する人がそのことによって特記されるものだそうです。
そして、人間が「徳」を備えることによって、初めてそれは良い特質となるのです。

人にとって「徳」とは均整の取れた精神の在り方を指すもので、そしてこれは、後天的に獲得していくもので、徳を得た人は、周りの人から信頼や尊敬されるようになり、人間関係の構築や組織の運営を進めて行く事ができるようになるといわれています。

けれど「徳」は目に見えるものではなく、人間性を構成する多様な精神要素から成り立っていて、例えば意志、温情、忠誠、勇気、名誉、自信、謙虚などと相互に関係して位置づけられるものです。

つまり、徳は、「人が行うべき道」「立派な行為」「善い行い」のことです。そして、この考え方は重要な考えとして、古くから人々の間に浸透していました。

例えば、中国では儒教の教えの中で「五つの徳」が大切だと説いています。思いやりを指す「仁」、正義を指す「義」、敬いの心を指す「礼」、豊富な知識を指す「智」、誠実さを指す「信」がその「五つの徳」です。
また、ヨーロッパでは、「思慮、叡智」「正義」「忍耐、勇気」「節制」の項目が挙げられています。
中国でも、ヨーロッパでも、国や言語に違いがあっても「善い行い」を表す「徳」は人として変わることのない価値観ということですよね。

徳の漢字、読みや画数

「徳」 :  読み トク
       画数 14画
       意味 1. 品性として身に得ているもの
          2  品性を向上させるために人が習得すべきもの
          3. そのものに備わっている特性
          4. 徳を積んだ人。賢者
          5. 恵。恩恵

スポンサーリンク

徳の成り立ちやその由来

実は、この「徳」という漢字。
もともとは、「直」と「心」を組み合わせた「悳」という字を書いていたそうです。これは、「まっすぐな心」を表していたのだそうです。
その後、「彳(ぎょうにんべん)」「行い」をくわえた「徳」という形に変わっていきました。

この字には、「目と心が同じ目標に向かって、素直に行動できる人」「まっすぐに一生懸命行動する人」を表していると言われています。

スポンサーリンク

徳のつく名前

これほど、よい意味合いを持つ漢字であれば、その字を名前に遣いたいと思う方も大勢いるのではないでしょうか?
実際、この字を使っている偉人には、
「孝徳天皇」「聖徳太子」「平徳子(平清盛の娘)」「徳川家康」 など、けっこういると思います。

例えば、この字を使って、赤ちゃんに名づけをする時には、「誠実な」とか「人を敬える」とか「思いやりがある」といったよいイメージが伴なってくるので使いやすい漢字なのではないでしょうか?
また、その読み方も、「とく」とそのまま読む方法もありますし、人名読みの「あつ」「あつし」「さと」「ただし」「なり」「なる」「のり」「よし」といった読み方をする方法もあります。

こうなると、名づけの幅がさらに広がりますね(^^)

例えば、「和徳(かずのり)」「徳真(とくま)」「徳明(のりあき)」・・・考え出したらきりがないですね。
女の子なら「徳子(のりこ)」「徳未(さとみ)」「徳美(なるみ)」・・・。

名づけって、赤ちゃんのために両親が一番最初に贈るもので、そしてその贈り物はその子がこれから一生使っていくものですよね??
なのでお父さん、お母さんは、大切なわが子がどんな人になって欲しいか、どんな人生を歩んでいって欲しいかを考えながら決めていかれると思います。
その方法は人それぞれで、愛称「○○ちゃん」と呼びたいというところから決めて名前を考えていく人もいれば、先ほどの「徳」という漢字を使いたいと決めて考える人、兄弟や姉妹間で共通の字やイメージを使いたいと決めていく人など様々なのだと思います。

どんな決め方をするにせよ、赤ちゃんを思って一生懸命考えている事に変わりはないですよね?
そうやって決まった名前は、きっとものすごく素敵な名前になっていると思います(^^)

スポンサーリンク

まとめ

・「徳」は「人が行うべき道」「りっぱな行為」「良い行い」を表す
・「徳」はもともと「直」と「心」を組み合わせた「悳」と書いていた
・「徳」は「目と心が同じ目標に向かって、素直に行動できる人」「まっすぐに一生懸命行動する人」を表す
・人名読みでは「あつ」「あつし」「さと」「ただし」「なり」「なる」「のり」「よし」とも読む

とっても良い意味を持つ「徳」。
これから生まれてくる赤ちゃんに、使ってあげるには良い漢字ですよね♪

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント