便秘に効くのは、「軟水」「硬水」?

エンタメ

便秘・・・。
良く耳にしますが、意外とつらい症状ですよね?
でも、そんな症状がお水で改善されるとしたら??
ちょっと、気になりませんか?

スポンサーリンク

硬水と軟水

お水には、「硬水」と呼ばれるものと「軟水」と呼ばれるものがある事をご存知ですか?
もともと、水には、「カルシウムイオン」と「マグネシウムイオン」というものが含まれているのですが、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表した数値のことを「硬度」と言います。
WHO(世界保健機関)の基準では
硬度 120mg/l 以下 ・・・ 軟水
硬度 120mg/l 以上 ・・・ 硬水 と定義されています。
もっと簡単に言ってしまうと、
カルシウムとマグネシウムが多く含まれている水 = 硬水
ということになります。

ちなみに東京の水道水の硬度は、60mg/l前後ということなので「軟水」ということになります。
日本の水のほとんどが、軟水で、ヨーロッパや北米には硬水が多く存在しています。これは、大地を形成する地殻物質が異なるために起こる違いです。天然水は、地中に染み込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧き出しているので、国土が狭く、地層に浸透する時間が短い日本では軟水が多くなるのです。
軟水は、まろやかな口当たりとさっぱりした風味、硬水は口当たりが重く少し苦味を感じるのが特徴です。

スポンサーリンク

便秘に効くのは、「軟水」「硬水」?

さて、本題に入りますが、お水で便秘が解消されるとは、いったいどんなことなのでしょうか?
実は「便秘の人は硬水を飲むとよい」そうなのです。
これは、硬水に含まれているマグネシウムがお通じに効く効果を持っているからなのです。
便秘で病院にかっかったことがある人は、「酸化マグネシウム」というお薬を処方されたことがあるのではないでしょうか?

この「酸化マグネシウム」と硬水に含まれている「マグネシウム」が同じ働きをすることにより、お通じの改善を図ってくれるというのです。

「マグネシウム」の作用には
胃腸を刺激して、働きを活発化する。
腸内の水分を保ち、便を柔らかくする。
という二つの作用があります。この作用により、便秘を改善することが期待されるというわけなのです。

ただ、「硬水」を飲みなれていない人が、いきなり硬度の高いお水を飲むと、その重たい味に違和感を感じてしまうかもしれません。
なので、まずは、硬度の軽めのものから試してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

硬水初心者の方にお勧めのお水

・エビアン : コンビ二やドラックストアなんかでよく見かけますよね。エビアンも実   は硬水で、硬度は304mg/lと中硬水に分類されます。世界自然保護地区にも指定されている、フランスアルプスのエビアン・レ・バンが採掘地だそうです。硬水の中でも飲みやすい水とされているので、硬水になれていない人はぜひ、エビアンから始めてみるといいと思います。 

・ゲロルシュタイナー : 

ドイツで人気の硬水炭酸水です。酸味や重たさを感じにくい絶妙のバランスが特徴です。硬度は1310mg/lと高めで飲み応えがあると思います。炭酸入りのほうが、硬水っぽさを感じにくいので、炭酸が苦手でなければお勧めです。

飲み方のポイントとしては、喉の渇きを感じる前に、小まめに摂取すること。そうすることで、代謝が促進され、脂肪の吸収を抑制し、便秘解消が期待できます。また、朝起きてすぐに、コップ1杯の硬水を飲むようにしましょう。腸の働きがよくなり、より効果的です。

さらに、硬水を飲むことで得られる興味深い効果があるんです。
それは、ダイエット効果!
硬水に多く含まれている「ミネラル」は、私たちの身体に必要不可欠な存在です。身体の機能を維持したり、調節したりする役割を持っているのです。つまり、ミネラルバランスが整うと、身体の機能の滞りがなくなり、代謝が活性化され、太りにくい身体が作られるということなのです。
食前に、1杯の硬水、そして、食事中も意識して飲むようにすることで、太りにくい身体を手に入れることができます。

スポンサーリンク

まとめ

・硬水には、マグネシウムが多く含まれているため、便秘に効果がある。
・マグネシウムは「胃腸を刺激して、働きを活発化する」「胃腸の水分を保ち、便を柔らかくする」作用がある。
・硬水は、代謝活性化の効果が期待される。

お腹がはってつらい、便秘・・・。
フランスでは、「便秘」になったとき、お医者さんが「硬水」を処方することもあるそうですよ。となれば、試してみない手はないですよね??
それに、硬水には、便秘の改善だけではなく、健康や美容、ダイエットにも効果が期待できるなんて、これは、もう飲むしかないですよね♪

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント