鼻毛のメリットは知っといて損はない!!デメリットもご紹介

エンタメ

「鼻毛の事を考えた事ありますか?」
鼻の中に毛が生えているなんて、とんでもない事だと思ってはいませんか?
確かに毛深い人なら鼻毛も毛深い?(そんなことないか! 笑!)
鼻毛はなぜ生えているのでしょうか? 不思議だと思いませんか?
人間の臓器で隠れているところに毛があるのですからね。
ちょっと調べてみましょう!

スポンサーリンク

鼻毛のメリットとは?外気からのほこりやゴミや菌、化学物質を除去するためのフィルターだった。

人間が生きていくには、酸素を吸収し二酸化炭素を履きだします。
一番は鼻から吸い込み口から吐き出す事です。
鼻から吸い込む時、鯨は無数の白い歯のような物が出てきてそれにプランクトンがひっかかり餌とりますが人間の鼻毛は、逆に外気からのほこりやゴミや菌、化学物質を除去するためのフィルターと言われます。

鼻毛も同じで第一関門として鼻毛で空気を吸い込むさいに皮膚から粘膜がでて、守られているといいます。
ほこりや菌がまぎれこまないように毛や粘液で外気からの悪性物質を入り込まないようにしなければいけません。
そのまま中に入り込む事で病気が引き起こされることになります。
ほこりには色々な菌が紛れ込む事がおおく風邪やインフルエンザ。風疹などという病気が発症います。
よく鼻くそなどと言ってごみがでてきまが鼻水とゴミが固まり、鼻毛に引っ掛かったごみということです。

よく喫煙をされている方の鼻くそは、口から吸い込んだ煙が鼻の中に入り黒いと言う噂を聞いたことはありませんか?
これは、やはり同じ事で鼻の穴にニコチンが残る事になります。

季節によっては、インフルエンザなど様々な菌が体の中に入り込もうとするのを防ぐこうかがあります。だから、バカにはできませんよ!

スポンサーリンク

鼻毛はデメリットでもある!?

よく、男性や高齢者の方など鼻毛が飛び出ている方がいますがカッコ悪いですね!
鼻毛が伸びています!なんて言えばその方を辱めることにもなりますし伸びるとカッコ悪いと短く切る方がいますがこれではどうぞ!ほこりや菌に入ってくださいと言っているものです。
よく床屋で鼻毛を切る時に見ていると前の方を切りますね。中の毛は専用のはさみで切る事がいいですね。
鼻の中の皮膚はちょっとしたことで傷つきやすく鼻からの出血が起こりやすくなります。
もし、心配ならひげそりのような鼻毛カッターなどという機械もありますからもし、自信がなければ購入される事もいいかもしれません。

スポンサーリンク

鼻毛の注意事項

いちばんやってはいけないことが、鼻毛を抜くことです。
頭髪と一緒で毛根から抜く事になりますからそこから菌が入り込み炎症などを起こす事になります。最近の花粉症も一挙に入り込み治る症状もなおらないことになります。

その他にも鼻毛の脱毛などという美容法もありますがとんでもない事です。
上記でもお話しいたしましたが鼻毛が無くなる事で全てのほこりや菌が体に入る事が許され身体の免疫力が低下する事であらゆる病気が発症することで起き上がれない体になる可能性がでますから美容を気になされてもすることは厳禁ですね。

スポンサーリンク

鼻毛を有効活用する方法。呼吸は鼻呼吸で!

鼻毛は、マスクのようなフィルターの役目をしています。
鼻毛を有効活用するなら口呼吸より鼻呼吸のがいいですね。
ほこりや砂埃がまう冬などは、雑菌も飛んでいる時期です。
空気で吸い込むだけでなく手や服などに張り付き実は菌などは、なんとか身体の中に入るために人間の癖を見抜き入り込みます。
一番は手ですね。ほら! 口の所に手が行きましたね? もう菌は入り込みました。
だけど鼻毛が守ってくれます100%じゃないかもしれませんがもし100%に近ずけると言うならマスクなどをしていられると予防が可能になります。

鼻毛だけが予防ではありません。

確かにマスクなどをすればいいとは言いましたが100パーセントの予防は無理です。
いくらマスクでも90%が最高だと言われます。
昔ながらの方は、マスクの中に湿らせたガーゼを入れている方もいます。
いわいる菌を水分で止めると言われています。効果は? といっても風邪はひきますし花粉症状はおこります。
ただしない?する! では変化はあると言われますから試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

鼻毛と言えば、汚い! 不潔!などのイメージがありますが本当は、人間にとっての外気からの
害する菌などを遮断するフィルターの役目をしています。空気中には色々な菌やほこり煙や最近では外国の大気から飛んでくる身体に害する汚染物質が飛んでくるという始末です。
自然物質と人間がつくった物質が増えて外に出る時もそれなりのマスクが必要となる日も近いでしょう。

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント