鳥肌にはスピリチュアルな意味も…宇宙からのサインで出現する!?

エンタメ

先日、子どもたちの合唱を聞く機会がありました。
何も考えずに、何となく聞いていたのに、その歌声に圧倒され、思わず鳥肌が立ってしまった私・・・。

不覚にも、子どもたちの歌声にやられるとは(笑)
寒いわけでもないのに、思いがけず、鳥肌が立ってしまうような経験、皆さんはしたことありますか??

スポンサーリンク

鳥肌にはスピリチュアルな意味がある

鳥肌が立つときって、どんな時でしょうか?

まず思いつくのは、「寒い時」ですよね。寒い時の鳥肌は、体温を逃がさないようにするための自然な体の反応です。
それから、「恐怖や感動など、感情が高ぶった時」

感情が高ぶると、交感神経が刺激されて、脳が過剰に反応してしまい鳥肌が現れます。私が経験した鳥肌は、これですよね。

ですが、実は、これ以外にも鳥肌が立つことがあるのをご存知ですか??

鳥肌のスピリチュアル「スピリチュアルチルズ」

それは「スピリチュアルチルズ」と言われるものです。
この「スピリチュアルチルズ」とは、心霊作用や一種の超能力、または宇宙からのサインなどによって出現する鳥肌のことです。

残念ながら、私はまだ経験したことがないのですが、そのスピリチュアルチルズは、いわゆるスピリチュアルな存在である天使や守護霊、宇宙といった存在が、私たちに送ってくれるメッセージの一つなのだそうです。

スピリチュアルチルズが起こる時

では、一体どんな時にそのスピリチュアルチルズは起こるのでしょうか?
それは、自分を見守ってくれている存在や、目に見えない不思議な力などにあなたが気がついたときなのだそうです。

それらに対して、あなたが目を向けたとき、周りにいる不思議な存在達が、歓迎の意味をこめてそのスピリチュアルチチルズを体験させてくれるというのです。

その、スピリチュアルチルズというものは、私たちが普段経験するような鳥肌とは違って、風邪や寒気でもなく、体だけが突然反応する鳥肌。

例えば、体の半分だけだったり、上半身だけだったり、腕だけに急に反応したりと特殊な出現の仕方をするそうです。
寒いから震えるというよりも、突然なエネルギーの循環による身震いが起きて鳥肌が立つ感じなのだとか。
うまく説明ができないのですが、直感で「今のぞくぞく(鳥肌)は、普通の鳥肌ではなかったな」と感じたら、それが、スピリチュアルチルズなのです。

そのスピリチュアルチルズが起こっている時には、そこに何らかのメッセージが隠されているので、今話している内容に注目してみたり、気づくべきことがあるのでは? と気をはってみる必要があるみたいです

スピリチュアルチルズは、見えない存在からの直接なサインで、あなたが正しい方向に向かっていますよ~、イエスですよ~、といった真実を裏付ける時に起こります。

その他には、見えない存在が、実際にあなたに触れている時にも起こるみたいです。

スピリチュアルチルズの意味

では、スピリチュアルチルズが起こったとき、私たちはどうすればいいのでしょうか??

もし、あなたの身にスピリチュアルチルズが起こったなら、先にも書いたようにその時の会話に注目してみてください。

例えばその時
「これを今、相手に話すべきかどうか・・・」と迷っていたのならば、

「伝えるべきですよ」というメッセージで、

相手にとっては、聞く必要のある事なのだと教えてくれているのです。

また、直感的に

「何だか嫌な感じがするな」と思ったときにも起こるのがスピリチュアルチルズです。

自分が感じた違和感が本物だと教えてくれているのです。その場合には、自分を守るように動くことが大切です。

その他に、いま、そこで話されている話の内容が真実だった時、ちゃんと話を理解して欲しいときなどにも起こってくるそうです。

突然、スピリチュアルチルズが起こったときには、客観的に自分を感じて、「何を知るべきなの?」「何を理解するべきなの?」と考えてみることが大切です。

そうやって、スピリチュアルチルズを利用することができるようになれば、物事を良い方向に進めていけるだけでなく、自分の身を守ることにも繋がるわけです。

スポンサーリンク

まとめ

・スピリチュアルチルズとは、天使や守護霊、宇宙といった存在が、私たちに送ってくれるメッセージの一つ。
・スピリチュアルチルズが起こっている時には、そこに何らかのメッセージが隠されている。
・スピリチュアルチルズが起こったときには、客観的に自分を感じて、「何を知るべきなの?」「何を理解するべきなの?」と考えてみることが大切です。

もし、あなたがスピリチュアルチルズを体験した時には、その直感を信じて、「これだ」と感じたことが答えなのだと理解してもらうことが大切です。
その感覚は、きっと間違っていないはずですよ(^^)

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント