体育の日からスポーツの日にかわる!?また意味や由来とは??

エンタメ

気づけば9月も終わりに差し掛かり、今年も残すところ、あと3カ月。
年齢を重ねていくとともに、1年の経過時間が短くなっているのを感じているのは私だけでしょうか?
10月といえば、食欲の秋、芸術の秋、そしてスポーツの秋!
まぁ、私自身は一番先にくるのは「食欲の秋」ですが・・・(笑)
10月には、「体育の日」っていう国民の祝日がありますね。

スポンサーリンク

「体育の日」とは?

私が「体育の日」と聞いて思いつく日付は「10月10日」ですが(年齢がばれちゃいますね><)
現在の体育の日の日付は、10月の第2月曜です。
いつから、10月10日でなくなったのか? そもそも、なぜ10月10日が「体育の日」だったのか?

意味や由来

1964年(昭和39年)10月10日、東京オリンピックの開会式が行われました。夏期オリンピックの開催日としては、異例に遅い日だったようです。一説では「秋雨全線が去った後の東京地方の晴れの特異日だった」とのことらしいですが、最近の、猛烈な暑さを考えれば、夏期オリンピックとはいってもそのくらいの時期の開催が妥当かもしれないですよね。

話を戻しますが、現在の体育の日は10月の第2月曜になっています。これは、2000年の12月にハッピーマンデー法及び移動祝日で定められました。
移動祝日で定められた祝日としては、1年で一番最後の祝日となります。
国民の祝日に関する法律(祝日法 昭和23年7月20日 法律第178号)第2条によると、「体育の日」は「スポーツに親しみ、健康な身心をつちかう」ことを趣旨としているそうです。
スポーツに親しみ・・・ね。日々、ほとんど身体を動かすことなく過ごしている私には、無縁のことのように感じますが・・・。そんな人こそ、この日だけでも身体を動かして、スポーツを楽しむことが必要なのかもしれないですね。でも!急に急激な運動は、身体にかえって悪い!とも思いますのでとりあえず、まぁ、自分の身体と相談しながら、無理のない範囲で、ですね。
私も、お庭で、バドミントンくらいならできるかも(笑)

「スポーツの日」に変わる!?

2020年には、東京オリンピックが開催されます。東京オリンピックの開催される2020年から、「体育の日」はその名称を「スポーツの日」に変更することになっています。
何かと、オリンピックが絡んでくる感じですね。
「へ~、そうなんだ~」と、ちょっと興味を持ってくれたあなた!実はさらに驚くことに、

2020年7月24日(金)に変更!?

2020年は東京オリンピックの開会式にあたる、7月24日(金曜)にスポーツの日は変更されます。2020年だけは、スポーツの日は7月24日(金曜)。さらに、7月第3月曜である「海の日」もこの年に限り、7月23日(木曜)へ移動されることになっています。そして、土曜、日曜とあわせて・・・

7月23日(木曜)・・・海の日
7月24日(金曜)・・・スポーツの日
7月25日(土曜)
7月26日(日曜)

そう!なんと! 4連休になるんですよ!!!
ね? ちょっと驚いてもらえましたよね?
夏の「シルバーウィーク」です。4連休です。
皆さん、どこに出かけられますか? 東京オリンピックを見に行く? スポーツを楽しむ?
せっかく、日本でオリンピックが開催されるのですから、見に行ってみたい気はしますよね。

そこで、東京2020大会オリンピック・パラリンピックチケット販売方法を調べてみました。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会畝組織委員会のホームページに詳しく載っていますが、東京オリンピック・パラリンピック公式チケットの販売開始(日本国内向け)は、2019年春以降を予定しているようです。
こんな機会は、生きているうちに何度も来るものではないと思うので、入手できるかどうかはわかりませんが、ぜひ、チャレンジしてみたいと私は思っています。

スポンサーリンク

まとめ

いろいろ、調べてみて分かったこと、それは

体育の日 = スポーツの日 = 東京オリンピックの日」ということ!

皆さんは、この日を、どこでどんなことして過ごされますか?

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント