「硬水」と「軟水」どっちがいい?? 違いや選ぶメリットはあるの??

エンタメ

何処かの県で、水道を捻るとみかんジュースが出てくるというのを以前テレビでやっていました。それを見ていた我が家では「いいな~」「うちの水道からも、みかんジュースが出るようにしてよ!」と、想像通りの大騒ぎ(><)
いやいや、できることと、出来ないことがありますから・・・。
でも、我が家の水道だって、捻れば安全に飲めるお水が出てくる。それって、かなりすごいことだと思うのですが・・・。
世界中では、水道のお水は飲めないので、お水を買わないといけないところもあるぐらいですからね。

「硬水」と「軟水」どっちがいい?? 違いや選ぶメリットはあるの??

先にも書いたように、水道水も安全に飲める日本ですが、最近は、日本でもいろいろな種類のお水が売られていますよね。
水は、その硬度によって「硬水」と「軟水」に分けられることをご存知ですか?
市販のミネラルウォーターが種類によって味が少しずつ違うのも、そのためです。

硬水と軟水の違いである、硬度とは、お水1Lあたりに含まれているカルシウムやマグネシウムの含有量で、WHO(世界保健機関)が定めている水準では、硬度120mg未満を軟水、120mg以上を硬水としています。

硬度の違いは、お水に含まれているカルシウムやマグネシウムの量になるので、その味や口当たりも、硬水か軟水かで変わってきます。

硬水は、カルシウム、マグネシウムの含有量が高いので、口当たりが重く苦味を感じますし、逆に軟水はカルシウム、マグネシウムの含有量が低いので、まろやかでさっぱりとした口当たりになります。
我が家の水道を捻って出てくるお水は、この軟水です。もちろん、我が家だけでなく、日本の水道からは軟水が出ていて、日本人には硬度の低いお水のほうがなじみがあると思います。

「硬水」と「軟水」それぞれのメリットとデメリットはあるの??

《硬水》のメリットとデメリット

メリット

硬水には、マグネシウムが多く含まれています。このマグネシウム、実は、下剤に多く使われているものになります。ということは、硬水は、消化器系に働きかけて、便通を良くする効果が期待できます。便秘気味の人は、硬水のミネラルウォーターを飲んでみると便秘が解消されるケースがあるようです。便通が良くなるということで、ダイエット効果も期待でき、美容のために愛飲している人もおられるようです。

また硬水には、血液をサラサラにする効果があるといわれています。そのため、動脈硬化を予防したり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすことが期待できます。

デメリット

一方で、デメリットとしては胃腸が弱い人の場合に、硬水に含まれるマグネシウムの影響でお腹がゆるくなってしまうことがあります。
また、このマグネシウムが独特の苦味と風味、香りがあるため、料理の味付けの邪魔になることがあります。なので、風味や香りを生かすようなお料理には向いていません。

《軟水》のメリットとデメリット

メリット

軟水は、風味や香りを生かす、日本料理に向いたお水です。

マグネシウムを多く含む硬水は、胃腸に大きな負担がかかってしまうこともあるのですが、マグネシウムの含有量も少なく、お腹にも優しい軟水は、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心して飲ませることができます。

また、軟水は、肌や髪にも優しいので、身体や髪を洗ってもほとんど害を及ぼすようなことはありません。硬水で、身体や髪を洗うとカルシウムイオンやマグネシウムイオンの影響で、肌が突っ張ったり、髪がパサついてしまうことがあるのです。

デメリット

軟水には、便秘を解消したり、筋肉の痙攣などで足がつることを予防することができるなどのミネラルが少ないので、その効果を期待することができません。マグネシウムやカルシウムといったミネラルは、日頃から一定量の摂取が望ましいといわれていますが、軟水での飲用では残念ながら、その効果を期待することができません。

まとめ

・硬水と軟水の違いは、お水1Lあたりに含まれているカルシウムやマグネシウムの含有量。
・WHO(世界保健機関)では、硬度120mg未満を軟水、120mg以上を硬水と定めている。
・硬水は、消化器系に働きかけて、便通を浴する効果が期待できる。
・硬水には、血液をサラサラにする効果があるといわれていて、動脈硬化を予防したり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らすことが期待できる。
・胃腸が弱い人の場合に、硬水に含まれるマグネシウムの影響でお腹がゆるくなってしまうことがある。
・硬水は、マグネシウムが独特の苦味と風味、香りがあるため、料理の味付けの邪魔になることがある。
・軟水は、風味や香りを生かす、日本料理に向いている。
・軟水は、マグネシウムの含有量も少なく、お腹にも優しいので、赤ちゃんや小さなお子さんにも安心して飲ませることができる。
・肌や髪にも優しい。
・軟水では、ミネラルの効果を期待できない。

硬水、軟水、それぞれメリット、デメリットがあるので、それを考慮して、自分に合ったお水を選んでもらえるといいですね(^^)

コメント