スポンサーリンク

「思い」と「想い」の違いや使い分ける方法は?【文化庁の見解とは?】

エンタメ

日本語って本当に難しいですよね??
同じ漢字でも、「音読み」と「訓読み」があって。
同じ読み方をするのに、違う漢字があって・・・。
今回は、その同じ読み方をする「おもい」という漢字の使い分けについて書いていきたいと思います。

「思い」と「想い」の違いや使い分ける方法は?【文化庁の見解とは?】

おもい

皆さんは「おもい」という音を聞くと、どんな漢字を想像しますか?
「思い」「重い」「想い」「念い」・・・

漢字にしていると、その種類から「思い」「想い」「念い」と「重い」に分けられるのは、何となく分かりますよね。
また「念い」はあまり常用的な漢字として使うことはほとんどないと思いますので、ここでは「思い」と「想い」の使い分けについて見ていきたいと思います。

「思い」使い分け

この「思い」、気持ちや考えのことを指す言葉になります。
例えば「思考」や「意思」といった熟語からもわかるように「思」という字に、考え・気持ち・願いなどの意味があります。
なので「思い」は、単純に心の中の感情だけを表すのではなく、理論的に頭で考えられたものと、主観的な心の中の感情の両方に関わるものを対象に広く用いられることが多いと思います。

「想い」使い分け

「想い」も「思い」とほとんど同じ意味だと考えてもいいとは思いますが、あえて違いを言うとするならば、「想い」は心の中で考えていることを指すことが多い様に思います。
「思い」に比べると「想い」は頭で考えるものではなくて、感情やイメージとして受け止めえられる面が強く、誰かを慕うことや懐かしく感じることなどを表したい時などに使うとしっくりくるのではないでしょうか。
「想」という字を使った「想像」や「発想」などの熟語からも分かると思うのですが、「想い」がさしているのは、頭で理性的に構築された考えというよりも、無意識のうちに浮かび上がってくる主観的なイメージといったところが強いのではないでしょうか。

つまり、簡単に説明してしまうと

「思い」:頭の中で論理的に考えていること。
「想い」:心の中でイメージするもの・感情。

という感じになるのではないでしょうか。

では、どちらの「おもい」を使うことが正解なのでしょうか?
「思い」と「想い」の違いについて、文化庁が見解を示していましたのでここに書いてみたいと思います。

「思い」と「想い」【文化庁が見解を示していた!?】

「おもう物の対象が心に浮かんでいる時は『想い』、それ以外の一般的なものは『思い』を使う」

けれど、どちらか一方が正解という厳密さはなく、使う人の気持ちや考えで好きなほうやしっくりくるほうを選んで使っても間違いではないのです。
例えるなら、ちょっと感情的な表現で使用したいときには「想い」を使うほうが伝わるような気がする~と言った程度の使い分けになるようですね。
ですが、「思い」は理性面と感情面の両方での考えを指しているので、感情面のほうが強い時でも「想い」の代わりに使うことができます。
また、「思い」の「おもい」という読み方は、常用漢字表にある表内読みなので、公的な文書に使用しても問題のない言葉になります。
そうなると、迷ったときには「思い」を使うのが無難ということになりますね。

「思い」と「想い」の使い方【例文を挙げて説明】

それでは、それぞれのおもいはどのようなときに使われているのかを例文を挙げて説明してみたいと思います。

「思い」

・思いのままに文章を書く。
・ふとした想いが頭をよぎる。
・彼は思いやりのある人物だ。
・私には、社会を変えたいという思いがある。
・妙案を思いつく。
・仕返しをしてやるつもりだったが、直前に思いとどまった。
・私の感じていた事は、思い過ごしだったようだ。

「想い」

・彼に想いを寄せている。
・好きな人に想いを伝える。
・長年の想いが今日かなう。
・自分のふるさとを懐かしく想う。
・彼を想う気持ちが、どんどん大きくなっていった。

まとめ


・「思い」は、単純に心の中の感情だけを表すのではなく、理論的に頭で考えられたものと、主観的な心の中の感情の両方に関わるものを対象に広く用いられることが多い。
・「想い」は、心の中で考えていることを指すことが多い。
・「思い」と「想い」の使い分け方として文化庁は「おもう物の対象が心に浮かんでいる時は『想い』、それ以外の一般的なものは『思い』を使う」としている。
・迷ったときには「思い」を使うのが無難。

同じ読みなのに、同じような意味なのに、その意味合いのニュアンスが微妙に違うなんて、本当に、なんて難しいのでしょうか(><)
けれど、その難しい日本語を、何となく使いこなしている私たちってすごいとおもいませんか?(笑)

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント