天才と凡人の違いって?凡人でも努力の天才になれる?

エンタメ

あなたは天才ですか? 凡人ですか?
こう質問されたら、あなたはなんと答えますか??

私は、もちろん「凡人です」です(笑)
では、天才と凡人の違いが分かりますか? 
と質問されたら??
答えられるようで、答えられないこの質問について、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

天才とは?

天才とは、天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことだそうです。天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物のことをさし、極めて独自性の業績を示した人物を評価したり、年若いのに、あまりに高い才能を示した人への賛辞的形容に使われる表現です。そして、それが歴史や社会に影響を残すに至ったレベルの人物のことをさすことが多いです。
「○○の天才」といったように芸術やスポーツなど、様々な分野に限定した使い方をする事もあります。

スポンサーリンク

凡人とは?

凡人とは、優れた性質や変わった性質を持たない人間のことだそうです。庸人(ようじん)とも言い、凡人や庸人の「凡」や「庸」は、「並」「普通」「平常」「平均的」「ありふれた」を意味しています。

スポンサーリンク

天才の特徴

個性的

優れた凡人レベルの人なら、既存のものや、既存の枠組みの中で物事をてきぱきと進めていくkとができるでしょう。だって、それが当然だと思っているから。
けれど、
天才と呼ばれる人は、既存のものや枠組みにとらわれることがなく、独創性を持っているのです。常に、新しいやり方がないかを考えながらいきている。

自分の個性をアウトプットして行く事が得意です。凝り固まった方法の中で、努力を重ねていくだけでなく、新しさを見つけ、加えて行く事ができるのです

圧倒的な集中力

天才と呼ばれるような人たちは、自分が興味や関心を持ったことにおいて圧倒的な集中力を発揮します。例えば、数学の問題なら何時間でも考えていられるという人や、ゲームを作る、研究することを何時間も没頭して行ってしまうといった感じでしょうか。

私たちは、何かに取り組んでいても周囲から話しかけられると反応し、自分の行っていた事を一旦中断します。けれど、天才の中には、こういった周囲からの接触に全く反応することなく集中するという特徴が見られています。

他人からすると近寄りがたい印象を与えたりもすると思いますが、そのときは天才が自分の努力に力を注いでいる時間なのです。
左利きが多い?

人間の利き手は、右利きが9割、左利きが1割とされています。なので、世の中はほぼ、右利き対応に出来上がっています。

左利きに天才が多い理由

「右脳を使う事」があげられます。左脳をメインとして使う場合より、クリエイティビィティを発揮しやすいといわれています。芸術家にも左利きが多くおり、ミケランジェロもそうであったといわれています。
世の中が、右利き仕様であるために、左利きの人たちは日常生活で脳のトレーニングを行う機会が多く、一概に言う事はできませんが、左利きの人たちが天才になっていくようです。

高い好奇心

私たちも、子どもの頃は好奇心が旺盛で多くのことにチャレンジしてきたと思います。天才も、幼少期から色々なことに興味を持って、様々な経験をしているのです。そして、その高い好奇心は、成熟してから高い創造力として活用され、成功に繋がっていくのです。

協調性がない?

天才には独自のルールがある様です。そしてそれは、社会の一般的なルールとは相容れないときがある様です。天才は、時に頑固で、社会のルールが自分の考えと違う場合には頑として譲らないことがあります。

ここでは、5つの特徴を挙げてみましたが、すべてが天才と呼ばれている人に当てはまるわけではないと思います。ただ、このような傾向があるといわれているということです。

スポンサーリンク

まとめ

・天才とは、生まれつき優れた才能を備わった人物のこと。
・天才の特徴には、個性的、集中力が高い、左利きが多い、好奇心が強い、協調性がないといった特徴がある。

天才と凡人の違いは、その様々な特徴が凡人よりレベルが高いということなのだと気づきました。生まれつき備わったものも影響しているとは思いますが、その後の努力を惜しみなく行っていくことがさらに彼らを天才へと押し上げていっているのだと思います。

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント