オーストラリアのクリスマスは最高!!サンタがサーフボードでくる!?

行事

1年に1度の大イベント!クリスマスがありますよね。クリスマスにはかかせないサンタクロース。みなさんは、どんなイメージがあるのでしょうか。
真っ白いお鬚に赤い衣装。ソリに乗ってトナカイに引っ張られてくるイメージですよね?ところが、オーストラリアでは違うそうなんです。
な、なんと、サンタがサーフィンでやってくるんです。日本では信じられませんよね?その真相に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアのクリスマスは真夏のイベント。

ー北半球と南半球ー日本があるのは北半球、そしてオーストラリアが位置するのは南半球です。簡単に言ってしまえば日本が冬の時は、オーストラリアは真夏なわけなんですね。

季節が真逆なので、日本が冬にクリスマスで盛り上がっている頃、オーストラリアでは半袖短パンで真夏を満喫しているわけです。日本では冬に雪が降ります。

今年はホワイトクリスマスかな~?なんて恋人たちが肩を寄せ合いロマンチックに過ごしてる頃、オーストラリアは真夏なわけなので、いくらクリスマスとは言っても、日本のようなロマンチックさはなさそうですよね。
しかし、南半球の国々の人々からしてみると、生まれた頃からクリスマスもお正月も「真夏のイベント」なんですよね。なんだか不思議な感じが致します。

スポンサーリンク

ーオーストラリアのサンタはサーフボードでくる?ー

オーストラリアでは、サンタクロースはサーフィンでプレゼントを届けにくる、と考えられています。トナカイの代わりがサーフボード、ということらしいですよ。

なので服装も日本のサンタに比べるとずいぶんと薄着です。アロハシャツに短パンに裸足という、日本では絶対に考えられない服装なわけです。面白いですよね。
となると、クリスマスの過ごし方も日本とは大きく異なるわけです。家族でビーチでのんびり過ごしたり、屋外でBBQをしたり…。
それはそれでとても楽しそうですが、日本では考えられませんよね。しかし、オーストラリアには「Christmas in July」(7月のクリスマス)というイベントがあるんです。

1980年代に、北半球と同じように寒い時期にクリスマスを祝おう!という考えの元つくられたのだそうです。南半球が真冬である7月にクリスマスの雰囲気を楽しむということでしょうか?年に2回もクリスマス気分が味わえるなんて羨ましい限りです。

しかもちょうど半年の感覚を空けて、、、普通のお家では「7月のクリスマス」の時に、家族で暖炉を囲んで温かいご馳走を頂きます。レストランなどでは特別メニューを作り、7月にクリスマスにちなんだ飾り付けやイベントも行ったりするそうですよ。
北半球の「真冬のクリスマス」への憧れなのでしょうかね?なので、クリスマス時期にオーストラリア旅行を計画すると、北半球では経験できない「真夏のクリスマス」を楽しむことができちゃうんです!

これも面白いかもしれません!オーストラリア旅行をお考えの方はぜひクリスマス時期に旅立つことをオススメします。
と、いうことは、お正月、年越しなんかも真夏にある…ということですよね?なんだか不思議な感じがしますね。でも北半球と南半球にあるから冷静に考えれば普通なことですもんね。

スポンサーリンク

ーまとめー

オーストラリアのサンタはサーフィンで登場することがわかりました。びっくりですが、ちょうど日本の反対側にあるオーストラリアならあたりまえですよね。

しかし、雪の中、トナカイと共にやってくるイメージがあった日本のサンタが、真夏にアロハシャツで海から出てくるというのは面白く感じました。全然違いますもんね。

そして、さらに7月にも、クリスマスをやってしまうオーストラリア!なんだか羨ましいです。クリスマスは楽しいイベントですから、日本でももっと多くやってほしいですよね!なんちゃって!(笑)

その国によって、位置する場所によって、イベントのあり方にも違いがあるということがわかりました。いつか行ってみたいです、アロハシャツ着た、サーファーのサンタクロースに会いに!!(笑)

           

行事
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント