【朝活】朝の有効な時間の使い方.絶対朝がオススメ【成功者に学ぶ】

健康

いきなりですが朝の時間の有効活用ってしていますか??
ちょっと前に「朝活」なんて言葉がきかれだしたような気がしますが。

私は、そんなに立派な朝活はしていませんが、子供たちが起きだしてくる前30分の時間に、日記を書いたり、ストレッチをする時間を持つようにしています。
毎日バタバタと過ぎていますが、唯一、自分と向き合える時間~といった感じでしょうか(^^)

スポンサーリンク

【朝活】朝の有効な時間の使い方.絶対朝がオススメの理由

結論から言ってしまうと

朝は眠って、脳をしっかりと休めた後なので、1日の中で集中力が最も高まる時間帯なのです。
人の脳は、寝ている間に記憶や勉強したことなどが整理されるため、起床後が一番まっさらの脳になっているのです。

なので、記憶力や、思考力が高まって集中でき効率があがるというわけです。

また、
朝活によって、朝行動することで、朝日を浴びることもできると思います。人は、朝日を浴びると「セロトニン」という覚醒ホルモンが分泌されます。

このセロトニン、別名を「幸せホルモン」といい、感情を安定させてくれる作用があるので心のバランスを整えて、気持ちを前向きにしてくれるのです。

また、セロトニンは、腸内環境も整えてくれるので、早起きして朝日を浴びると、心も身体も元気になれる!というわけです。

スポンサーリンク

成功者の朝活とは?

最近注目されている「朝活」は、「朝の時間を利用して、普段できない活動をしよう!」というものです。世界のトップに立つような人たちもこの「朝活」を実践していると言われています。例えば、ナイキのCEO マーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズニーのCEO ボブ・アイガーは4時半から読書をしているそうです。
日本でも、勉強や趣味の時間として活用する人が増えてきているそうです。

スポンサーリンク

朝活で得られるもの【成功者に学ぶ】

では、朝渇することで、どんなものが得られるのでしょうか??

まず第一に得られるものは、自由な時間
  例えば、私のように子育て世代には、仕事を終えてからや夜に自分の自由な時間を持つことはなかなか難しかったりします。そんな時に、例えばいつもより30分早く起きることで、自分の自由になる時間が30分も作れるのです♪
  もちろん、人によったら夜のほうがその時間を確保できる人もいるかもしれないですよね? そんな人は「夜活」でもいいと私は思います。

集中力と効率アップの時間

先ほども書いたように、朝の時間帯は、脳がまっさらの状態のときなので、記憶力や思考力が高まって、例えば、勉強や暗記、新しいアイディアを考えるのにとても適しているのです。
なので、その朝活の時間を活用して、習い事をしたり、資格取得のための勉強をしたりするのはとても利にかなっているというわけです。

健康に良い

普通に考えると、早起きをすると、夜も早く眠くなると思いませんか? ということは、朝活をするということは、早寝早起きの習慣になるということ。 夜更かしは、精神不安や鬱病といった心のバランスを崩すことの原因にもなりうるものなので、朝活を始めて、早寝早起きの習慣が身に付けば心も身体も健康になれるというわけです。

充実感

早起きをすると「自分がやりたいこと」に時間を割くことができるので、充実感が生まれます。仕事でも趣味でもそうだと思うのですが、自分がやりたいことをやっている時って、楽しくて充実していますよね? この「楽しい」気持ちが心の余裕につながり、その他の事にも意欲的に取り組むことが出来るようになるのです

朝活を続けるためのポイント

いくら良いといわれても、なかなか朝活を始められない人もいるかもしれないですよね??
そんな人のために、朝活を続けるためのポイントをあげてみました。

一度に起床時間を早めない
朝活のために、早起きをする! と意気込んで、急に1時間も2時間も早起きをしようと計画してもなかなかできることではないですよね?? それどころか、そのことが何だかプレッシャーになってかえって寝付けなくなる・・・何てこともおきかねない。 なので、朝活をはじめるときは、例えば普段より10分だけ早起きしてみる~といったように少ない時間からはじめることが大切です。

10分の早起きに身体が慣れたら、今度は20分早く起きてみる。そうすることで、無理なく朝活の時間を確保していくことができるのです。
朝活の時間に何をするのかを就寝前に決めておく.

朝起きてから、「さぁ、何をしよう?」というのでは、モチベーションもあがらず、せっかくの時間も無駄に過ごしてしまいがちになると思いますので、朝活の時間に何をするのかは、きちんと眠る前に決めておくのがベストです。

 例えて言うなら、「明日の朝は、これをしよう♪」と決める事で、遠足や旅行の前の日のうきうき感を朝活でも感じちゃおう!ということなのです。

自分へのご褒美を準備する
せっかく、朝活して頑張る自分にご褒美を準備することで、さらにモチベーションをあげて朝活に取り組むことができます。例えば、大好きなパン屋さんのパンを朝食に準備しておく。
普段は飲まないようなちょっと高級なコーヒーを準備しておく。そして、朝活をした後にそのご褒美を自分に与えてあげるのです。そうすることで、朝活に対するモチベーションがあがり、朝活を継続する原動力にもなります。

スポンサーリンク

まとめ

・朝は脳がまっさらなので、記憶力や思考力、集中力が高まる。
・太陽の光を浴びることで、幸せホルモンの「セロトニン」が分泌される。
・朝活は、早寝早起きの習慣がついて健康に良い。
・朝活で自分のやりたいことをすることで、充実感を得ることができる。
・朝活を継続するためには、一度に起床時間を早めない、朝活の時間に何をするかは就寝前に決めておく、朝活を頑張った自分へのご褒美を準備しておく。

世界のそうそうたる成功者たちも実践している朝活(^^)
これを、やってみない手はないですよね??
私も、もう少し朝活の時間を延ばすために、ちょっとずつ起きる時間を早めてみようかな~と計画中です♪

健康
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント