ベジタリアンとヴィーガンの違いって??生活に色々な決まりがある??

最近、どうも、少しずつふくよかになっていっている気がするのですが・・・。
若い頃と比べたら、きっと代謝が落ちているのでしょうね(><)
こうなったら、野菜中心の食事に置き換えてみようかしら・・・、なんて考えていたりする今日この頃です(笑)

スポンサーリンク

ベジタリアン

ところで、世の中では、野菜しか食べない人たちのことを「ベジタリアン」と呼んでいる様な気がしますが、この定義はあっているのでしょうか??

そもそもベジタリアン(Vegetarian)という言葉が初めて使われたのは、英国ベジタリアン協会が発足した1847年からなのだそうです。このベジタリアンという言葉は「健全な、新鮮な、元気のある」という意味のあるラテン語「vegetus」に由来しています。
近代ベジタリアンは一般的に「肉や魚は食べずに、卵や乳類の摂取は本人の選択により、穀物・野菜・豆類などの植物性食品を中心にした食生活を行う」のだそうです。ただ、この近代ベジタリアンの定義は流動的で、英国では、蓄肉を食べない人を広義なベジタリアンとする傾向もあるのだとか。最近では、宗教的教義、栄養や健康の保持、生命の尊厳を旨とするほかに、環境問題や食料問題、すなわち、地球環境保全や途上国援助のために菜食のライフスタイルを選択する、新たな地球市民型ベジタリアンと呼ばれる人が増えてきていると言われています。

スポンサーリンク

ヴィーガン

では、ベジタリアンと並んでよく耳にするようになった「ヴィーガン」と呼ばれる人たちはどのような食生活を送っているのでしょうか??

ヴィーガンとは、「絶対菜食主義者」という意味です。この言葉だけをきくと、ベジタリアンとの違いはよくわからないですが、実は、ベジタリアンとヴィーガンはまったく違うのだそうです。

完全菜食主義を意味する「Vegan」という言葉は、1944年にイギリスで生まれました。もともとは「酪農製品(卵・牛乳・チーズなどの乳製品)を食べないベジタリアン」を指していたのですが、一般的なベジタリアンと区別するために使われるようになった言葉なのだそうです。

ヴィーガンの人たちは、徹底した菜食主義を貫いており「人間は動物を摂取することなく生きていくべきだ」と考えているのだそうです。

そのため、肉や魚はもちろん、卵、チーズ、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしないのだそうです。

なぜかというとその考え方の根底に、

「卵や乳製品は、それらを生み出す鶏や牛を苦しめたり、早すぎる死をもたらしたりするものだから」

という動物愛護の精神があるのだそうです。

この思想により、ヴィーガンの人たちは、着るものや住まい、衣食住のすべてのライフスタイルにおいても、動物性の素材を使用しない>のだそうです。

革製品のバックや靴、ウールの服などは決して身につけたりしないのです。シルクの下着やファーのコート、革の財布なども当然使わないし、洗顔料やボディーソープ、コスメ用品も動物性の油、はちみつ、牛乳、卵の成分が抽出されていないものを使うのだそうです。
つまり、生活全般において「動物性の素材を使わない」というのがヴィーガンの生き方になるのです。

スポンサーリンク

ベジタリアンとヴィーガンの違い

ここまで説明しましたが、やはり、ベジタリアンとヴィーガンは混同されがちなような気がしますよね?

その違いを一言で説明するならば、ベジタリアンは「体の健康」に、ヴィーガンは「心の健康」に重きを置いているということではないでしょうか。

そして、いきなりヴィーガンになる人よりも、ベジタリアンから徐々にヴィーガンになる人も多いのだそうです。体のことなんかを考えると、徐々に慣らしていくためにはそれがいいような気がしますね。

ベジタリアンとヴィーガン、どちらがいいとか、菜食主義の人や非菜食主義の人を区別するのではなくて、お互いに尊重しあって理解しあえる社会でありたいと思うのは、きっと私だけではないですよね?

スポンサーリンク

まとめ

・ベジタリアンは一般的に「肉や魚は食べずに、卵や乳類の摂取は本人の選択により、穀物・野菜・豆類などの植物性食品を中心にした食生活を行う」。
・ヴィーガンは、「絶対菜食主義者」。
・ヴィーガンの人たちは、徹底した菜食主義を貫いており「人間は動物を摂取することなく生きていくべきだ」と考えている。
・ヴィーガンの人たちは、肉や魚はもちろん、卵、チーズ、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしない。
・ヴィーガンの人たちは、着るものや住まい、衣食住のすべてのライフスタイルにおいても、動物性の素材を使用しない。

私が、食事を野菜に置き換えようかな~と思ったのは、単に食生活を見直すことだけが目的でしたが、世の中には、深く深く物事を捉えて、それにより、生き方自体を変える人がいるのですね。

スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント