語彙力を鍛えると人生が大きく変わる!?

エンタメ

いきなりですがこの漢字を読めますか。
「語彙力」。ごいりょくというそうです。

私は読めませんでした。

意味ですが、どのような意味があるでしょうか?

語彙力とは、言葉、単語をどれだけ知っているかです。

語彙(言葉・単語)をどれだけしっているかどうかの力のことです。

単語やその意味や知識を豊富に知っていること。

逆にまったく言葉や単語などを知らないことを、語彙力が低いと言います。

最近、若者のSNSでも文書のあとに語彙力と入れると聞きます。

意味的にはわかりませんが、発音の漢字でもいいのでしょうか(笑)。

語彙力は、どうすれば維持できるのか?

どうすれば身につくのか?

紹介していきます。

スポンサーリンク

やはり読書の秋ですか

語彙力は、どうやれば身につくのでしょうか。

言葉や単語の意味ですから一番は小説や新聞などの活字媒体を読んだり、練習として新聞などのコラムなどの写しを実践する事が一番あと思われます。

朝日新聞の「天声人語」は、有名ですね。朝日新聞も活字を売るために天使人語などの書き写してほしいために色々なグッズを販売しています。

朝日新聞の天声人語は、その日の一番重要な記事が集まるページと言われます。

603文字で六段落。書いた人間の署名がありません。

この短い文字数の中で全てを意味するのは難しいと思いませんか?

同じように新聞などは、社説というページや読者からの声と言うコーナーがあります。

文書を作っている担当記者は、語彙力がなければ作れませんね。

読者からの一言が分からなければ記事は成り立ちません。

間違った文書で寄せれば直さなければいけません。

直せるのも語彙力ではありませんか?

スポンサーリンク

言葉を学び、語彙力となる

言葉を勉強するなんて、もう嫌だ! 

国語は赤点だったよ! 

いまさら勉強はしたくないよ! と言う方は多いかと思われます。

最近は、放送大学やスマホアプリなどでも語彙力UPするシステムが作られ活用されています。

言葉なんか話しているからいいなんて言ってもいざとなれば必要になりますよ。

最近では、新聞がみなをされてより多くの知識が、得られると言われます。

自分はどれくらいのレベルなのか

語彙力は、サラリーマンにとってひっすいアイテム。

社会人になればやはり色々なことをしらなければいけません。語彙力は、そんな知識をみにつけた表現となります。

やはり、できるできないは大いに違うという。プレゼンで、漢字が読めないでは困る。

相手からでた資料の漢字やちょっとした格言がわからないでは商談は止まってしまう。

ビジネスの世界で、経営者の人生論や経営論の名言などわからなければいけない。

こんな字がわからない? 言葉の意味がわからないでは相手が不快に思います。

スポンサーリンク

上司から怒られ同僚からバカにされる?

勉強しないから自分はバカだ! と言う方がいます。

それなら今からでも勉強されてみてはいかがでしょう。

勉強はもういや! そんな難しく考えないでください。よくタレントが色々な語彙力をクイズ形式や自作で発表する番組がありますが講師として出てくる方はその世界のすごい方が判定されると言うすごい番組です。

参照TBS プレバト MBS プレバト公式HP

別に俳句や川柳を宣伝しているわけではありません。

今回のテーマは、語彙力です、確かに川柳も入るかもしれませんが上司の中でも俳句や川柳を好む上司もいます。

このふたつは、上司の年代は好む傾向にあります。できましたら文字数などや言葉の意味などを知っておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

子供達も語彙力を高めている。

にわかな語彙力ブームと言えている。

テレビアニメや番組などでは、ボキャブラリーを増やしている傾向にある。

国立大生対国立大を出た芸能人対決などや高校生の間ではやりがある俳句など。

小学生~高校生の間でもボキャブラリーに興味があり勉強より面白いと言う。

幼いころから言葉や色々な物に興味がありわからなければすぐに調べる知恵があれば成人になっても調べる事が苦にならず調べる事で知識はふくらんでいく。

スポンサーリンク

語彙力は出世のキーワード?

実は、語彙力の実力を身につける方法のひとつとして語彙力検定などがある。

ご自身がいつも新聞を読んでるかこんなものすぐに合格と思われるが、それなりの対策が必要である。

朝日新聞とベネッセコーポレーションが主催している検定です。

どのような問題が出されるかと言えば、次のサイトで挑戦してください。

チャレンジミニ検定
もっと知りたいと言う方には、語彙力検定のサイトを開いて是非とも挑戦してください。

参照:www.goi-dokkai.jp/

スポンサーリンク

まとめ

まず覚えていただきたいのが、語彙力(ごいりょく)と言う言葉です。

子供の間では、ブームで覚える事が当たりまえの時代になりました。

その子供お父さんは、子供たちのボキャブラリーが増えていくことは楽しみかもしれませんが逆に両親が押されてしまう事になりました。

大人でも仕事に役立つと色々なことを吸収しなければ厳しい現実に向かう事はできない。

また、逆に知っている事で知識がない社員から嫌がらせを受けて会社を去らなければならなくなるともある。だが、語彙力が身につくことは、どんなことにでも立ち向かえる事になる。

エンタメ
スポンサーリンク
JBをフォローする
JBLOG

コメント